読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なべレポート

なべ聞きを通して自分の強みに気づいていった人たちとの思い出

【No.12】大野さん in 池袋 2016.12.7

【なべレポート No.12】大野さん


12月に入り
今月初のなべ聞きに


待ち合わせは いけふくろう
お会いするのは3回目?


なべ聞き12人目となるのは
ありがとう文字講師なりたてホヤホヤ
大野恵子さんこと大野さん


大野さんもはにわ きみこさんの
口コミで受ける事を決めてくれたそう


2時間のお申込み
小休憩はさむのに
まずは60分でタイマーオン


語られるお話
ある決断に関する事


思いのたけが溢れ出す
墓場まで持っていく守秘義務のもと
飛び出すここだけの話


最近起こった とある環境の変化
それにともなう心境の変化


変化が起こした 混乱 戸惑い 迷いが
一つ一つ言葉となり
口にされるたびに整理されていく


現れ出てくるキーワード


我慢強さ 空気の読みすぎ 遊び
引き寄せ力 行動力 痛み 本音 そして家族


こうと決めたら他の人なら
あっという間に逃げ出すであろうほどの事を
やり遂げてしまう計画力に実行力


それは引き換えにしなければいけないものも
少なからずあったよう


気づき始めていた
その中に引き換えにしてはいけない
大事にしなければいけないモノ


今の想いを口にするにつれ
整理され薄まりゆく迷い


これからは何を選んで行くのか
今まず何を大事にするのかが
再確認されていく


ふとつぶやく大野さん
この事を気が付かせてくれたあの人達は名悪役
迫真の演技で大切なモノを教えてくれていたのかも!と


2回目の60分タイマーは残り1分半
考えの整理がついたと目尻下げるその瞳


振り返り
ある環境に染まりすぎてた自分
何から考えたらいいだろうという迷いは
整理されたという

後にするカフェ
ある決断を胸に秘めた大野さん
一度自分の能力の使い先が定まれば
困難な状況であればあるほど
怒涛の如く切り開く大和撫子
満面の笑顔で埼京線へと向っていった

画像に含まれている可能性があるもの:2人、室内