読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なべレポート

なべ聞きを通して自分の強みに気づいていった人たちとの思い出

【No.10】 匿名希望さん in 池袋 2016.11.28

【なべ聞き レポート No.10】匿名希望さん


なべ聞きレポートを読んでみて
いま一度自分と向き合うためになべ聞きを
受けたいと申し込んでくれた匿名希望さん


申し込み時にどうしてか分からないけど
なべレポートを匿名希望にしたいけど
それでも大丈夫か?と質問付き


大丈夫ですよ!と伝え
なんなら なべレポートも
無しでもいけますよ?と提案すると
匿名であればレポートは大丈夫との答え


このやり取りだけでも微かに
反応していた なべサーチ


待ち合わせは いけふくろうちゃん
いつもお世話になってます!


一仕事終え キャリーバッグを力強く引き
約束の時間に現れたのは
以前よりも元気度増してた
なべ聞き10人目


なべ聞き前に ご好意で大戸屋
昼ごちそうになりながらの軽い雑談


お互いに仕事の事、これからの事を
あ〜だ! パクパク こ〜だ!パクパク
口から言葉
口へと食べ物でおお忙し


いま続けている活動についての
想いを聞かせてもらうと
人柄が強く感じられる話に
ただただうなづくばかり


昼を終え
言いたい事 言えて
スッキリしたという匿名希望さん


「いやなべ聞きはこれからですよ!」と
伝える言葉に
「あらかた言いたい事は言えたのだけど
なべ聞きだとまた何か違うの?」との質問に


「意識切り替えて 分析も入れて行きますよ!」と
ひと休憩入れてなべ聞き開始


開始数分
「ちょっとまって!
メモ取っていい?」と匿名さん


話しの中に
共通している要素を分析
タイミングみて 上げてく吾輩


なぜそれをやり続けようとしていたのか
求めていたその先にあったモノ
キーワード

新しさ、遊び、友達、多種多様、海外 etc.


迷子になっていた本音が見え隠れ
気付いたものを片っ端から
ノートに書き込む匿名さん


真っ直ぐな瞳で宣言
「数ヶ月後に「○○」へ行こうと
友達に誘われてて
迷ってたけど決めた!行く!」


こうだと思っていた先に本当に求めていたモノ
「▲▲で頑張ろうと思ってたけど、
それは□□したかったからなのかもしれない」


モヤモヤしていたモノが徐々に…
「匿名にしたかったのかは
●●って事だったのかも…」


こちらの分析をヒントに
自分自身の本来の想いに気付き
進む匿名さんの
思い込みからの開放


プロに話を聞いてもらうのってスゴイ!との
感想いただき なべ聞き終了


改札口までお見送り
次の予定に向かうため
キャリーバッグを引いて
颯爽と歩き出すその後ろ姿は


きっと数ヶ月に
友達と○○へ イキイキと旅行に行く
匿名さんの後ろ姿なんだろうと
期待高まる池袋駅構内

渡辺 貴善さんの写真