読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なべレポート

なべ聞きを通して自分の強みに気づいていった人たちとの思い出

【No.26】 ゆきさん in 要町 2017.1.31  

【なべ聞き レポート No.26】 ゆきさん
 

自転車キコキコこいで向かうは要町駅
 

用事を済ませ駅に着いた彼女と
改札口で合流
 

スピ好き タロット好き
「あーてぃすと」と書かれた名刺を持つ
感性豊かなKishida Yukiさんこと
ゆきさんが今回のなべ聞き相手
 

出会いはたしか
おかまのニックネーム 会長が運営する
シェアハウスで開かれたイベントの一つ
サウンドソウルズ シェア会
 

席につきあれこれ説明
そして最後になべ聞き後は
どんな感じになってるといいな〜と思うかの事前質問
 

自分と向き合えたり
自分の軸が太く強くなっていたらと返答あり
 

それではピッとならしたキッチンタイマー
 

聞かせてもらうここ最近
 

友達から何度となくもらっていたアドバイ
人間関係の変化
それが刺激で出てきた思い
これまでさけてきたキーワード「ヴォイス」
 

ひょんなことから
持ち前の感性を言葉に 歌にし
届けだしたヴォイスが
あれやあれやと引寄せれる数々の出来事
あれほど嫌がっていたのが何だったのかが
不思議なほどに心変わりに 

それらを出すことが怒られることと
どこかで掛け違えた思い込み
 

同時にチラホラと見え隠れする
彼女が持つ怒りの感情
 

ふと試してみた 心屋さんの魔法の言葉
 

「私は怒ってもいい!」と
声に出してもらう
何か感じることがあるかな?とたずねると
 

体感覚を確かめる彼女
ニヤッと表情を変える
いたずらっ子のように片頬が上がり
 

「私怒りたかったんだ!
怒ってもよかったんだ!」と晴れやか顔

怒りすらも彼女が時に表現したい
内から溢れる思いの一つだったこと
そして怒りを出しても
それでもそのまま愛される
自分でありたいと願う内なる思い
  

気付きを得るたびにうなずき笑う彼女
その笑顔は
根拠がなくても自信満々の
まるでおてんば娘のよう
 

気分が盛り上がり飛び出すハミング  
耳に心地よい音が店内に響き渡る
 

話はやがてスピに宇宙に自由気ままに話は飛んでいく
最後写真を撮ろうとしていた事もどこかに飛んで店を後にした
ジョナサン in 要町

画像に含まれている可能性があるもの:夜、屋外、室内

【No.25】 おさないさん(2回目) in 池袋 2017.1.25

【なべ聞きレポート No.25】 長内 麻友子さん
 
 
「不安定でもいいんだと思えた!」と微笑み
そう語りながら向かうはメトロの改札口

すっきりした顔で
池袋を後にしたのはなべ聞き2度目の
長内 麻友子 (Mayuko Osanai)さん
 
 
待ち合わせしていたのは昼が過ぎた池袋

定番のタカセビル9F
少し眩しめの日差し差し込む窓際で
始まるなべ聞き
 
 
最近の迷いを整理したい
質問してくれる方が話しやすいとの事なので
それではと あれやこれやと投げかけて
出始めた秘めたる思い
 

こうだと思っていた事が
実はそうではなかったのかもしれないと
驚きを感じたこと

これまでの上手くいかなかったこと
上手くいってること 

記憶に残りにくいモノに
記憶に残りやすいモノ 
 
変わったことや面白く感じられることを求め
時にはそこまでやるの?と言われるほどの
行動力を発揮し求めてきていたこと
 

さまざまな質問に対する回答と共に 
長内さんを彩る人生のピースが
一つまた一つと出てくる
 

質問と共に数が増えてゆくピース
組みあがるにつれ
なんとなく見え始める全体像
 
 
自由でありたい
面白いことしたい
興味深い人に出会いたい
欲しいのは変わりネタ
自分の体験を話したい
組み合わせてみたいこれはと思うモノどうし etc.
  
 
胸に秘めたるマイルールを守るため
時に 決めて行動し
時に不安定になろうが
あえて決めないことも
 

不安定なことに迷いながら
実は同時に感じていた自由 
そこに気づいた事で軽くなったという気持ち
 

エンジンかかった長内さん
面白かったり不思議だったり真面目だったり等々と 
豊富なエピソードを交え語るごと
はっきりしていく秘めてた想い
言葉に一段と抑揚ついて、熱こもる
 
 
時々旦那さんへの熱い想いに
あてられていたというのは
ここだけの内緒話 

画像に含まれている可能性があるもの:夜、空、屋外
自動代替テキストはありません。

【No.24】 はにーさん(2回目) in 新橋 2017.1.5

【なべ聞きレポート No.24】はにわ きみこさん
 

2017年初の岡山出身のなべしのなべ聞きは
とっとり・おかやま 新橋館 二階にて
 

今回の話し手は
なべ聞き リピート
はにわ きみこさんこと
はにーさん
 

今年の目標を決めるのに
お金の事はひとまずおいて
想いのたけを話しきり
目標達成の喜び感じて
予祝の時間にしてみたい
 

思いがあれば言葉として出て来るだろうし
そして出た言葉が本当に願ってるものなのか
客観的に観てほしいとのリクエスト
 

これまでのなべ聞きにない新たなパターン
だがしかし
ヒント答えを持ってるいるのは
いつでも話し手
 

さっそく思いのたけを
話してもらうため
時を刻み始めるキッチンタイマー
 

色んな分野で出て来る目標
 

健康、資格取得、イベント、仕事、家族等
 

出て来る出て来る言葉たち
それぞれの目標に対する思いが紡がれる
 

声のはり、熱量、質問に対する反応速度、
時に語りながら流れ始める視線先…
 

仕事だから頑張れていた事
すぐに仕事にはならないけどやりたくて仕方ない事
 
出てくる言葉と
その言葉に対する熱量ではかられる
予想される本音を 時々フィードバック
 

これまでやってきている笑い文字に
興味を惹かれる笑いヨガに対する熱い想い
それらをする事で肌で感じられるであろう喜びの実感
 

食に関し
大勢の人達とワイワイ楽しい時間を共有する事
時々イベントを立ち上げ
会によっては古民家を利用し合宿のようにもしてみたい

話が進むほど
誰かと何かをする事、楽しむ事をしたいと広がる想い

一人で頑張る時期はもう少しで
有終の美を迎えそな予感
時として苦手だからこそ 頑張ろうとして来たその事を
 

思うままに
自分の言葉のままに語りながら
同時に進む
ここから前に進むための心の整理
 

頭で考えればやめるのがもったいなさそうでも
想いがこもらないこと
頭で考えれば始めるのが大変そうでも
自然と想いこもってくること
 
 
きっとこれから
やりたくない事を無理に頑張るのではなくて
好きな事を楽しむことを顔晴る事へ
 
 

気の合う人たちとワイワイ何かをやっていきたいと
活き活きと語るハニーさんの笑顔は
可愛らしい笑い文字の笑顔のようにニコニコと
あっという間の120分 

今年の喜びの前祝い 予祝となりしこの時間
 

最後に はにーさんからの一つの質問受ける 
「なべしの今年の目標を一文字で言うと?」
 

少し考え答えた健康の「健」
そしてサラサラッとしたためられたの笑い文字
 

それを持ちつの記念写真

その晩の急な冷え込みで風邪ひいて
翌日から健康を崩す事など夢にも思わず…

画像に含まれている可能性があるもの:2人、座ってる(複数の人)、室内

【No.23】 匿名希望さん in 池袋 2016.12.29

【なべ聞きレポート No.23】匿名希望さん


木枯らしに吹かれる
年越しフライングの横断幕


来年もまたよろしくお願いします!という声が
アチラコチラで聞こえる
大晦日イブイブ


待ち合わせはいつもの
タカセビル9Fのコーヒーラウンジ
オーダーはいつものダージリンティー


そして目の前に座るのは
ヒューマンセンサーの測定日で
ご一緒した匿名希望さん
 

なべ聞き後には
クリアになってるといいなと
事前質問の回答のもとにタイマースタート


実は友人にすすめられたものの
なべ聞きとは なんやそら?


ただなんか良さそうだなと直感で
受けてみようと思ったそうで
決まってなかった話す内容


それならそれでと
聞かせていただくこれまでの事


仕事の話
状況説明もそこそこに
語られる秘めてた思い


一見どんな事でも優しく包み
受け止めてくれそうなその印象を
ドカンドカンと打ち破るそのギャップ


ストレートな想いが出てくる出てくる
それなのにキツくなく清々しさすら感じる
丸みある声の響きとにくめない笑顔の
いたずらっ子のような一面
 

かと思えば
人並み外れた共感力も持ち合わせ
ここぞという時
別人の如く
目の前の人にそっと寄り添える一面も


空気を読むのはお手のもの
相手のニーズを読むのもお茶の子サイサイ


場合によるが この人にはと思えば
採算度外視で尽くすのも厭わない


肩書でよりもお金でよりも
人と人として相手を深く付き合いたく
社交辞令や遠回しな言い方は
ちょい苦手…


思いたったら即行動
基本 見守る 考え込む じっとしてるが
とっても苦手で
動いていないと悪くなる体調


逆に動かせば動かすほど調子よく
眠る時間は 少しあれば事足りる
いつ寝てるの?と聞きたくなるほどの
ショートスリーパー
 
 
運気を上げるのは自分に合ってる事をする事
発案 まとめる アレンジするような
苦手な事は信頼出来る人達に
助けてもらう事
 

行動するのに迷いは不要
失敗成功はやってみて初めて分かる事
たとえ失敗してもきっと受け止めてもらえる自信あり?
とりあえずやってみれば?は
胸に響く一言 
  

シンプルにして行けば行くほど
出てくる思いは素の自分
それはわがままとは別なモノ
 

今後の課題はきっと自分の想いをドンドン出していく事
これまでたくさんの人を助けて来たけど
これからはたくさんの人に助けてもらう事
その中で深い付き合いの回数が増えていくのかも
 

夜勤を控えているのもあり
なべ聞き終了後
スパッと切り上げる行動派
  

颯爽と駅へと足を向ける中
クリアになったという感想くれた
いたずらっ子のようなその満面の笑顔
 

今年の心の大掃除を終えて
来年に向けてムズムズしている
背中を見送った池袋改札口

画像に含まれている可能性があるもの:夜、屋外

【No.22】匿名希望さん in 池袋 2016.12.22

【なべ聞きレポート No.22】匿名希望さん

飲み友達にすすめられた事で興味わき
お申し込みをいただいた匿名希望さん
 

いけふくろう像で待ち合わせ
駅近のわりに席がある事が多くて重宝している
タカセビル コーヒーラウンジへ
  

初めてお会いし軽くお話していて
伝わってくるのは明るい感じ
 
 
飲み物が運ばれ
それではとタイマー用意し
うかがうお話
  

これまでの流れ、家族のことやお仕事のこと
心境の変化、心惹かれるモノとの衝撃的出会い
それに対する熱い想い 

 
話す内容で面白いほど
表情も言葉に込められる熱量も一気に変化していく
 

ここ最近
惹かれるモノ そればかりを考えてしまうので
それではいけない、止めなければいけないかなと
思っていると話してくれるものの
 
  
裏腹に伝わってくる本当はやりたくてやりたくて
しかたなさそうな想いや情熱
 
 
これまでのエピソードの中で感じた

こうと決めたら障害が立ちふさがろうが
自分の本音を突き通して来ていた事
 

人を喜ばせたい想い
 

逆に一度パタッと興味が無くなったものには
心を動かせなくなる事などを判断材料として

将来、そこに居ないであろう未来図と
きっとそこに居るであろう未来図とが
明確に描き分けられる
  

良くも悪くも合わないモノは遅かれ早かれ
そこから離れ

良くも悪くも合ってるモノへと遅かれ早かれ
そこに近づく
 

それが何かなのか本当に分っているのは本人のみで
なべ聞きはそれを知るためのサブ ナビゲーター

その人の秘めたるその感情がメイン ナビゲーター
 

本心に気づいたという所で60分
小休憩をはさみ残り60分

この際だからある人への想いを
一切合切吐き出してしまおうとお話スタート
 

数分も経たず、サラッと違う話題に切り替わる
口に出してみてハッと気づいた
それほど関心がなかったんだというこの事実に
そうだったんだ!とサッパリ顔に
 
 
その分関心先がよりはっきりし
その方とのエピソードに自然と想いがこもる
優しさや思いやり、安心感 信頼感等の
おだやかさを交えながら
 
 
今現在いくつか見え始めてる分岐点
それはきっとさまざまな関わりを通し学んだがゆえに
迎えようとしている分かれ道
 

嫌だから離れるのではなく
それぞれの好きな所へ
幸せに向かうためのスタート地点
 

メインナビゲーターが指し示す場所は
明るさあふれるたくさんの笑顔
 

ナビに目標地点が笑いながらセットされ
それぞれの家路へと向かう池袋駅

画像に含まれている可能性があるもの:夜、植物、屋外

【No.21】いくちゃん in 池袋 2016.12.21

【なべレポート No.21】いくちゃん

 
待ち合わせや人の行き来で溢れる
夕方ラッシュのいけふくろう前
  

お腹が軽くすいているので
場所はファミレスへと足を向ける
 
 
注文の品を待ちながら
事前のなべ聞きの説明を聞いてもらったのが
福辺 郁恵 (Ikue Fukunabe)さんこと いくちゃん
 

てんつくマンのイベントで知り合い
サウンドソウルズの講座でも
何度となくお世話になってる女性

思う所がありなべ聞きすすめて
本日池袋での待ち合わせ
 
 
いけふくろう前で久しぶりにあった彼女は
以前と違い いい変化をしていたその雰囲気
 
 
テーブル越しに説明を終え
いよいよなべ聞き開始前にいつもの質問
「なべ聞きが終わった後はどんな風になってると
いいかな?」

「なんとなくだけど、軸がよりしっかり
するといいな!」との答えをふまえ
タイマースイッチオン
  
笑顔で聞かせてくれた
仕事の事、お世話になっている人、学生時代の事、
人が好きな事、そして大好きな子供のこと
  

夢を持つ彼女
ある時期への特別な思いが将来の夢へと変えた
 

思い立ったがジッとしていられない性格のもと
感じるままに人並み以上に行動しているなかでの
体験学びが彼女の気持ちをより素直にさせてきた

重要ポイントそこなのか

最短距離でつながって行く夢
レッドカーペットがするするすると
軽やかにそこに向かっていくようなスピード感

気持ちが思わず戸惑うほどに状況が
道が出来上がっていく
 
 
その戸惑う気持ちも整理されるまでのサイクルが
ここ最近特に早くなってるようで
戸惑い→整理、戸惑い→整理がやたらと早い
  

そんな様子を軽やかに
人が好きだから人の事で悩みやすい傾向があるものの
以前よりしっかりしている いくちゃんが持つ軸

悩みが出て来そうになっても対応出来る
彼女なりの捉え方、向き合い方を力みなく語られる
 

人と響きあえる関係とは何だろうとテーマを持ってた彼女
最近気付いた事は
人としてお互い自然でいられる関係
 

そこに気づきだして同時に不思議と起こり始めた自身の変化
 

誰かといる時間が楽しかったが
肩の力が抜け始め
前よりも一人でいる時間も楽しめるようになってきていると
彼女の中に生まれてきている新しいバランス
 

戸惑いが減ってきた要素の一つ
ある理解者に言われたある一言
「とりあえずやってみれば?!」
行動派の彼女の心にこれほどシンプルかつ響く言葉はないという

 
起こる事起こる事が 夢に活かせることばかり
彼女の人間性、雰囲気、心の動き、その人懐っこい笑顔
これまでのまなび、人生で費やしてきたモノ行動量 

彼女は子どもの力になりたい夢を持つ
 
じっくりと話を聞かせてもらってて
あなたほどその夢が似合う人はいないでしょ!!!と
思いがけず入れたつっこみ
照れ交え嬉しそうに笑い声をあげる彼女
 

なべ聞きをすすめたあの時は
彼女がニュートラルな状態になればと思っていたものの
それはもうそれは必要なかった今回

必要だったのは個々の様々な体験を
線としてつなぎ、まとめ消化し
自分の言葉として表現伝えること 
 

タイマー押す前に
軸がしっかりすればいいなと言っていた彼女
その通りになっていった時間

これまでの事、これからの事を彼女の言葉で
語られるたびに自然と笑顔と高まる情熱
 

そこにはカッコつけようとする力みがなく
自然に楽しそうに笑い声をあげる
無邪気な子どものような笑顔
 

彼女の世界観から言葉が生まれるたびに、
笑うごとに、身振りが大きくなっていくたびに
彼女がより彼女らしくなっていく
それが軸だというのなら確かにそれは太く大きく
 

思いのたけのまま聞かせてもらったあふれる想い
それはこれから多くの子供たちに
笑顔と共に繋がっていくのだろうと
広がっていった吾輩のイメージ
  
店を後にし
エレベーターで出会った泣き虫なちびちゃんと
お母さんとのやり取りにほっこりし

行動力抜群のいくちゃんの
その背中を見送る
その視線の先はきっと将来の子供たちの笑顔だろうと
起きたまま夢見る池袋改札口

画像に含まれている可能性があるもの:2人、、スマイル、座ってる(複数の人)、室内

【No.20】 匿名希望さん in 新宿 2016.12.20 

【なべ聞きレポート No.20】 匿名希望さん 

人で溢れる新宿駅西口改札で待ち合わせ
 

共通の友人の結婚式でお会いした以来で
いつ以来になるのかすぐに思い出せない
匿名希望さん
 

穴場的なカフェを知っているとの事なので
近況報告 雑談がてらその場所へ足をむける
 

席に座り周りを見渡すとかなり広い空間のカフェ
メニューに書かれてる飲み物も食べ物の値段に
驚きを隠せない安めの価格設定
 

事前のメッセージのやり取りに書かれていた
なべ聞きに興味があるのと
同時に感じていたというビビる思い
 

それはなにかとたずねれば
自分の気づかない自分に会う怖さ
知らない自分を認めることの怖さだという
 

設定時間は1時間
その怖さを小脇に抱えてもらったまま
なべ聞きスタート


まずは結論からこのなべ聞きでしたいのは
これまでの気持ちのまとめ
来年のやりたい事の整理


それをふまえたうえで展開されていく
今までの話


転換期はあの3.11
周りの事に振り回されることは止め
やりたいようにしていこうと決心したあの日


家族の事もその一つ
ありがたさをより感じるように
だけど過大な期待はしないと心に刻み


やりたいようにし
あっという間に過ぎた5年間

時に人を傷つけ
時に迷惑をかけたこともあったが
同時に感謝を感じる出来事もいっぱいあったと


柔らかく優しく響く声に包まれた
言葉がつづられていく


それはこれまでの共に頑張ってきた
自分自身のプライドと
同時にいつも感じていた弱さにも寄り添うように
 

時にやらねばならないと特に頑張り
あれもこれもと とっ散らかしてきたから
来年はセーブして行きたいと語られる思い
 

一区切りかなという所で
これまでの話の印象を伝える


全体的に伝わってくるのは陰の要素でそれは優しさ
目立つことよりも そっとさりげなく

太陽の強い光ではなく
月光の癒しの優しい光で
そっと照らす印象が似合う人

迷っている人、恐れている人、傷ついている人
そんな人たちの力になる事を
気持ちのどこかで願っていて

伝えたそうなのは言葉よりも共感から伝わる思い


求めていたのは知識よりも体験なのかもしれなく
その為に上手くいかない事上手くいくことを
あれもこれもと求め続けてきたかもしれない5年間


それと興味が強そうなのは新しい何かが始める事
そこに自然と高まってきたであろうエネルギー


自分のエゴかと悩んでたある思い
よくよく聞いてみれば好みに近そうなその思い


その思いをより出していっても
迷惑どころか増えるのはきっと笑顔の数


伝える一つの例え話

もし生まれる前に約束して来るのならば
それを果たすために苦しみも喜びも
出会いも決意も自ら人生脚本


大事な学びのために大嫌いな人も
あの大好きな人も迫真に迫る名演技で
関わってきてくれてる真っ最中


そしていつかその約束を果たし
変える場所に帰った時に
再び出会い互いの名演技を称え合う
「あの時のあなたをホント
どうしてやろうかと思ったよ!」
「あの絶妙なサポートさすがだったよ!」と

敵も味方なんてなく
一丸となってそれぞれの役割を果たしあったと
笑いあってるのかもと伝えた例え話


なにか感じる所をえてもらい
無駄な事はないのかもねと微笑むその優しいお顔


残りタイム3分ほど残し
整理がついたとなべ聞き終了


いいカフェでしたと笑顔で店を出る


これからもきっとビビる事じたいは
そうそう変わらないかもしれない
けれどそれはその人なりの前に進みたいという身体のサインなのかもしれない


ビビりながらも何度もそのたび進んできた
これまでがそれを物語る


その体験を必要な人に絶妙なタイミングで
寄り添いながら伝えている来年以降になるのではと
密かに思いながら見送った新宿駅

f:id:nabeburasanpo:20161225231252j:plain